きゅぶろぐ

きゅぶんずの ぶろぐができて べんりだな

Unity2019.3以降で新しいキャッシュサーバーUnity Acceleratorをコマンドラインから利用する

2019.3から古いキャッシュサーバーは使えなくなり、UnityAcceleratorになりました。 普通にエディタから使う分にはこちらのページを参考に。 コマンドラインから利用するには -adb2 -EnableCacheServer -cacheServerEndpoint Address:Port を指定する。 これ…

HxBitMini - Haxe向けの軽量シリアライズライブラリ

github.com See GitHub for a description in English! haxelibにも公開しました。 https://lib.haxe.org/p/hxbitmini/ haxelib install hxbitmini して、 -lib hxbitmini するだけで使えます。 HxBitについて HaxeにはHxBitというオブジェクトをシリアライ…

HaxeでluaのネイティブコードにArrayを公開するときの作法

ここで自分が質問してたことのまとめです。 https://github.com/HaxeFoundation/haxe/issues/9512 問題点 Arrayをluaのネイティブコードに向けて公開したとき、 Haxeは0-indexedなのに対し、luaは1-indexedなので、0番目の要素が(取り方によっては)取れな…

作業してるのに進捗無くて辛いのでやったこと書いて自己顕示欲を満たすやつ

おさらい やってること Aprotの開発 現在の目標 プロトタイプということで、まずは動くものを04/06に作った。 実はこれめっちゃ色んな問題を裏で抱えていたので、1から書き直している途中。 つまり、「04/06時点と同等のことが出来るようにする」のが現在の…

Haxe macroでtypeのArrayを定義する

var ct: ComplexType = TPath({ pack: [], name: 'Array', params: [TPType(type.toComplexType())] }); fields.push({ pos: pos, name: "value", access: [APublic], kind: FVar(ct, macro []), meta: [{ name: ":s", pos: pos }] }); ついでに、metaつける…

2020年のゲーム開発環境、こんなもんか?

自分のブログなのでポエムを書きます。 Aprotの記事を公開して、「ゲームじゃなくてゲームエンジンを作りたい人」に見られがちなのだけれど、 それは間違いで「2020年のゲーム開発環境が自分に追いついていないと本気で思ってる人」が正解です。 ここでいう…

HaxeからC#にArray<T>を出力したらobject[]になるのを回避したい

Haxeの Array<T> をC#出力すると、 object[] になってしまい、型〜〜〜〜〜〜〜!!!!!ってなるのをどうしたものかと考えました。 この挙動自体は仕様で間違いないらしい https://github.com/HaxeFoundation/haxe/issues/5434#issuecomment-230581990 要件 H</t>…

UniTask v2のRCが出たので触ってみた (RC4対応版)

UniTask v2の全機能を紹介してるわけではありません。新機能一覧はReleaseページを追ってください。 RCなので、正式版ではインターフェイスなどもろもろ代わっている可能性があります。 UniTaskのReleaseページから最新版を落として使いましょう。 雑談 Unit…

gitでまじで消せない名前のブランチ作っちゃったときにやったこと

git ls-remote | grep 'hoge' (ブランチ名の一部)でrefsを得る git ls-remote | grep '556dc1c3db16a13a07bd160fb00c5cdda6d89b83' > a.txt hexdump a.txt git push origin --delete $'\xE5\x88\x9D\xE5\x9B\x9E\xE3\x82\xAF\xE3\x83\xAA\xE3\x82\xA2\xE5'

macOS 10.15のbetaを使用していたユーザーは誤ったファイルがSIPの対象にされたままになっている

概要 10.15のbeta(10.15.xではなく、10.15のbeta)を使用していたユーザーは、 ~/Library/com.apple.internal.ck と、 ~/Library/Application Support/com.apple.siri.remembers がSIP(システム整合性保護)の対象となっています。 betaを経由せずに10.14から1…